ワードプレスのリビジョンとは?

記事を修正したり更新したりすると、溜まってくるのが「リビジョン」と呼ばれるもの。

ワードプレスのリビジョン

この投稿リビジョンというのは、過去に編集した記事の更新履歴で、更新前の記事に復元したり、最新の記事との変更点を照合ができたりする便利な機能なのです。

もっとも、記事を修正したり更新したら、過去の記事は必要ないのですから、リビジョンなどは不要といえば不要なはずです。

リビジョンのデータはワードプレスのデータベースに蓄積されるので多少なりともデータベースのパフォーマンスに影響を与えることになります。そのため、不要になったリビジョンは削除しておく必要があります。

リビジョンの削除方法

リビジョンはデータベースに保存されるため、直接データベースを操作して削除することもできますが、「安全」を考えるならプラグインを使った方が良いと思います。

そこで、ワードプレスのデータベースを管理出来るプラグイン「WP-Optimize」を導入することを勧めます。

「WP-Optimize」のインストールと有効化

ダッシュボードから『プラグイン』⇒『新規追加』で検索窓に「WP-Optimize」を入力。

インストールして有効化します。

「WP-Optimize」でリビジョンを削除

WP-Optimize をインストールして有効化すると、ダッシュボードの左メニューにWP-Optimizeの項目が作成されます。

メニューから『WP-Optimize』⇒『dtabase』と選択します。

すべての投稿リビジョンをクリーン」にチェックを入れ、「最適化を実行」をクリックすれば、リビジョンを削除してくれます。

たったこれだけで完了します。あっけないほど簡単ですね。

最後に

「WP-Optimize」にはリビジョンの削除以外にも様々な機能があるので、必要に応じて使っていけば良いと思います。

リビジョンの削除だけなら、削除実行後にプラグインを停止しておけばワードプレスにも負担になりませんね。
しばらくして、再びリビジョンが溜まってきたらプラグインを有効化して、同じ手順で削除して行けば良いと思います。

以上、ワードプレスのリビジョンを削除する方法の解説でした。