ワードプレスのドキュメント埋め込みプラグイン

ワードプレスは、投稿記事にURLに貼り付けるだけで画像やYouTubeビデオなどのコンテンツを簡単に埋め込むことができますが、PDFを記事内に埋め込むことはできません。

せいぜい、記事内に「PDFはこちら」としてリンクを貼る程度。

出来たら、サムネイルのようにPDFファイルを表示してダウンロードも出来るようにしたい時もあります。

そこで紹介したいのが『Embed Any Document』というプラグイン。
PDF以外にもWordやPowerPointなども記事内に埋め込むことが出来るのです。

『Embed Any Document』のインストールと有効化

ダッショボードから『プラグイン』⇒『新規追加』で、Embed Any Documentで検索。

インストールして有効化します。

『Embed Any Document』の設定

ダッショボードから『設定』⇒『Embed Any Document』と選択します。

設定といっても3つだけ。難しいことは何ひとつありません。

  • 記事に埋め込むサイズ
  • ダウンロードの設定
  • ダウンロードリンクの文字

埋め込むサイズは縦横のサイズを設定できます。

ダウンロードの設定は「だれでもダウンロード出来る」か「ログインユーザーだけ」、あるいは「ダウンロードリンクを表示しない」かを選ぶことができます。

ダウンロードリンクの文字はお好きな文字列に設定できます。普通なら「ダウンロードはこちら」などでしょう。

『Embed Any Document』の使い方

ワードプレスのバージョンが5以上で、「Classic Editor」をインストールしているなら記事投稿画面に『AddDocument』のボタンが追加されているはずです。

PDFを表示したところにカーソルを置いて、『AddDocument』ボタンをクリックします。

すると、ポップアップが表示されます。

無料版では、アップロードするかURLから追加するかを選択できます。

プロ版

プロ版では、Googleドライブ、Dropboxなどから文書を埋め込めます。
必要に応じてプロ版に変更すると良いでしょう。

メディアライブラリにあるPDFファイルを選択します。

デフォルトの設定がポップアップされます。PDFの表示方法も、ここで変更できます。

よろしければ「insert」ボタンをクリックします。

投稿画面にショートコードが挿入されます。

これでプレビューを見てみると・・・

右上の「pop-out」をクリックすると別窓でPDFが表示され、下にある「型紙をダウンロードする」をクリックすると「名前を付けて保存」のダイアログが出てPDFを保存出来ます。

ワードプレスのバージョンが5以上で、「Classic Editor」をインストールしているなら、このように簡単にPDFや文章を埋め込むことができます。

PDFを埋め込みプラグインとしては『PDF embedder』が有名で、僕もずっと使っていたのですが、『Embed Any Document』の方はダウンロードも出来、使い勝手も良いので、今はこちらを使っています。

グーテンベルクでの使い方

ただ、グーテンベルクの場合はどうすればよいのでしょう?
先のショートコードは

となっているので、AddQuicktagに登録しておいて、クラッシックブロックから書き込めば簡単です。

以上、ワードプレスの投稿記事に文章を埋め込むプラグイン『Embed Any Document』の使い方でした。