関連記事を表示する理由

記事の最後などに、関連記事を表示させることでサイト訪問者の直帰率を下げる、サイト巡回率を上げるなどのSEO効果があると言われています。

Amazonや楽天などで商品を見ていると、「この商品を見た人はこんな商品も見ています」などと、観覧している商品の関連した商品が表示されます。

「あっ!こんな商品もあるのか。」

といった感じで、その商品も見たくなりますね。結果、サイト内にとどまる時間が長くなり、他のページも観覧してくれることになります。

その、関連記事ですが、プラグインを使うと、簡単な設定で記事下などに表示させることができます。

よく使われているプラグインが

  • Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)
  • wordpress related posts
  • similar posts

いずれも、関連記事を表示する、代表的なプラグインです。

しかし、賢威7.1では、プラグインを使わなくとも、記事下に関連記事を表示させることができます。
他のプラグインとの相性が悪かったり、「多くのプラグインをインストールしたくない」といった方は、標準実装されている賢威の関連記事をつかってみてください。

賢威7.1で関連記事を表示する設定

賢威7で関連記事を表示すると以下のように表示されます。

賢威7でプラグインを使わないで関連記事を表示する方法

関連記事を表示するには、各記事の「投稿の編集」画面から設定ができます。

賢威7でプラグインを使わないで関連記事を表示する方法

記事編集エディタの下にある「関連記事設定」を開きます。

賢威7でプラグインを使わないで関連記事を表示する方法

設定項目は2つだけ。

  • 同じカテゴリーの記事を関連記事として表示したい場合は「カテゴリー」にチェック
  • 同じタグの記事を関連記事として表示したい場合は「タグ」にチェック

優先したい方にチェック、あるいは両方にチェックを入れます。

あるいは、その下にある記事タイトルとURLを手動で入れていく方法もありますが、1つ1つの記事で行うのは面倒なので、普通は、タグかカテゴリーの同じ(近い)ものを関連記事として表示した方が良いと思います。

最下段にある

  • 記事の抜粋を表示する

にチェックを入れると、関連記事の先頭にある文字を抜粋して表示します。

賢威7でプラグインを使わないで関連記事を表示する方法

これらの設定は、サイトのデザインや雰囲気に合わせて設定してください。

関連記事をカスタマイズするにはこちらを参考に

【賢威バージョン】7.1.0.7 以上【編集】functions.php賢威7.1では、プラグインを使わなくとも関連記事を表示することができます。賢威7のプラグインを使わないで関連...

賢威7.1では、チェックを入れないと関連記事は表示しないので、記事を投稿する度にチェックを入れる必要があります。