ブログの記事が多くなってくると、気づかない内に、「リンク切れ」が起きます。
「Broken Link Checker」は、サイト内のリンク切れ箇所を自動的に検出し、通知をしてくれるプラグインです。
リンク切れを自分でチェックするのは、記事数が多ければ多いほど手間がかかりますね。
この「Broken Link Checker」を導入しておけば、自動でリンク切れをチェックして通知してくれますから、ぜひとも導入しておきたいプラグインです。

Broken Link Checker のインストール

WordPressのダッシュボードから「プラグイン」「新規追加」で検索窓に「Broken Link Checker」と入力して、「今すぐインストール」を選択し、有効化します。

Broken Link Checker

Broken Link Checker の設定

ダッシュボードから「設定」「リンクチェッカー」で「Broken Link Checker」の設定画面になります。

Broken Link Checker
「一般」タブではチェック頻度や、メールで通知などの設定をすることができ、「リンクチェック対象」タブでは、チェックをサイト内のどの項目で行うかの設定が可能ですが、普通はデフォルトで大丈夫だと思います。

Broken Link Checker でリンク切れのチェック方法

「Broken Link Checker」でリンク切れを確認するには、ダッシュボードから「ツール」「リンクエラー」で行います。

Broken Link Checker

瞬時にリンク切れをチェックして表示してくれます。何も問題がなければ「リンクエラーはみつかりませんでした」とお知らせしてくれます。

Broken Link Checker

もし、リンク切れがあった場合はエラーのあるページの一覧が表示されます。

Broken Link Checker

また、メールでもお知らせしてくれます。

Broken Link Checker
リンクエラーがある場合は、一覧から、「URLの編集」や「リンクの解除」からリンクエラーを解消することができます。
ネットで調べ事をしていると、まれに、リンク先が「リンク切れ」になっていることがあります。非常に残念ですし、サイト管理者に対しても、普段の管理に疑問を持ってしまいます。
やはり、読者をがっかりさせないように、是非ともこのプラグインを導入して、リンク切れのないサイトを作っていきましょう。