賢威もバージョン8からリンクカードが実装されました。
以前は「Pz-LinkCard」などのプラグインを使っていたのですが、賢威に実装されたリンクカードは細かな設定も可能となり、実用性も高くなったと思います。

今回は、その賢威8に実装されているリンクカードの使い方を解説します。

賢威8のリンクカードの基本的な使い方

まず、基本的な使い方としては、以下のショートコードでリンク先を表示します。

これで自動的にリンク先の記事タイトルやdescription、アイキャッチ画像などを取得して表示されます。

例えば、以下のURLにリンクカードを表示するなら

となり、以下のようなリンクカードが作成されます。

タイトル・URL・ description・アイキャッチ画像が表示されています。
これが基本的な使い方となります。

リンクカードをクリックすると同一ウィンドウでページが切り替わるのですが、これを別ウィンドウで表示したい場合は

と、URLの後に「target=”_blank”」を追加します。

リンクカードの編集

記事中にリンクカードを使うと、自動的に使用したリンクカードが登録されます。
ダッシュボードから、『賢威リンクカード』⇒『リンクカード一覧』で記事中に使われたリンクカードの一覧が表示されます。

anser-man

なぜ、こういったリンクカードのデータベースのようなものがあるかというと、リンクカード自体のシステムに対応するからだな。
つまり、リンクカードのコードが有るページを表示する場合、リンク先のURLやメタコード、アイキャッチ画像などを取得してから表示するんだ。その分ページ表示が遅くなるわけだな。
そこで、賢威8ではブラウザのキャッシュのように、一度リンクカードになったURL情報を保存しておいて、その負担を無くそうというわけだね。

このリンクカードも編集が可能で、URLを替えたり、タイトルや説明文を変更することも可能となっています。

ここで、タイトルやdescription、表示画像などを変更することも可能です。

OGPタイトルを「アメハチ」、OGPdescriptionを「リンクカードの編集」などと変更してみると・・・

https://amehati.net/keni8/keni8inst/ へのリンクカードの表示が変更されたのが確認出来ると思います。

リンクカードの編集機能で、リンク先の記事タイトルを変更したり、descriptionを変更したり出来るわけですから、いろいろな使い方が考えつくと思います。

ショートコードで指定する

また、リンクURLやdescriptionなどを、直接ショートコードに入れることも可能です。
例えば、

リンク先:https://amehati.net
タイトル:リンクカードのテスト
Description:賢威8のリンクカードを使いこなそう
表示画像
https://amehati.net/wp-content/uploads/2018/09/cropped-header5.png

としたい場合、以下のコードになります。

実際に表示されるリンクカードを見ると・・

このように、リンク先や画像、タイトルなどを自由に設定出来るわけです。
本来の使い方以外にも考えつくことがありそうですね。

是非、賢威8のリンクカードを活用してみてください。