【編集】 親テーマ / footer.php

賢威7.1をインストール後、何も手を加えないとフッターには次のようになります。

賢威7.1 フッターのコピーライトをカスタマイズ 開設年と現在の年号を表示する

コピーライトの(C)ブログ開設年ブログタイトルの順になっています。

賢威のサポートページでもコピーライトの表記については、ブログの開設年(正確には初めの投稿があった年)を表示するのがベストと考えているようです。

ただ、ブログの運営が長くなると、何年も前の年号が表示されるわけで、フッターの表記をみただけでは、「このブログって古いの?」と思う人もいるのではないかと思うのですよね。

この部分というのは、お店でいえば「創業OO年」などと同じで、ブログ訪問者にはっきりとアピールしたい部分なのですよね。 

せめて、「since 2000」とか、だれにでも開設年とわかるような表記にしたいですよね。

今回はフッターのコピーライト表記を変更する方法を解説します。

footer.phpの編集

フッターのコピーライトの表記部分を変更するには、親テーマの「footer.php」を編集します。
もしもの時のために、footer.phpのバックアップをとっておいたほうが良いと思います。

賢威7.1 フッターのコピーライトをカスタマイズ 開設年と現在の年号を表示する

変更する箇所は16行目あたりのこの部分

賢威7.1 フッターのコピーライトをカスタマイズ 開設年と現在の年号を表示する

この(C)の後の 「get_installed_year()」 がインストールした年を表しています。

これを Copyright(C) since 2018 ブログ名前
とするには、上記16行目を以下のコードに書き換えます。

書き換え後がこちら。

賢威7.1 フッターのコピーライトをカスタマイズ 開設年と現在の年号を表示する

あるいは「since」などではなく、2010-2018 と、ブログ開設年から現在年といった方が一般的でしょうか。その場合は以下のコードに書き換えます。

変更後がこちら。

賢威7.1 フッターのコピーライトをカスタマイズ 開設年と現在の年号を表示する

こちらの方がわかりやすいですかね。

当然のことながら、開設間もないブログの場合、開設年と現在年が同じ(2018-2018等)になりますから、そのあたりは臨機応変に。

以上、フッターのコピーライトの編集方法でした。サイトに合わせて、わかりやすい表記に変更してみてください。